千葉で小規模な葬儀を営むなら家族葬を選択肢に

最近は自分や家族の葬儀は小規模なものを希望する人が増えてきています。

家族葬は名前の通り家族やごく親しい人で見送るシンプルな葬儀です。

家族葬のメリット、デメリットを知り、葬儀スタイルを検討してみましょう。

◆千葉で葬儀を家族葬にするメリット

①別れをゆっくり惜しむことができる

身内だけなので、周りの目を気にせず故人に語りかけたり思い出を語り合ったりできます。

②しきたりや慣習にとらわれない

千葉ならではのしきたりなどに縛られず、斎場や葬儀にかかる費用を自分の納得のいくものにできるのもメリットです。

③一般的な葬儀に比べて気疲れしない

弔問客の迎え方や手伝いの人などへの対応に気を遣わなくてよいのも大きな特徴です。

④遺族の体の負担が少ない

精神的にも肉体的にも疲弊している遺族にとって、大規模な葬儀はストレスの一因に。

体の負担を少なくするためにも家族葬はおすすめです。

◆千葉で葬儀を家族葬にするデメリット

①親戚付き合いに影響が出る恐れ

しきたりや世間体を重んじる親戚がいた場合、反対されたり責められたりすることがあります。

②あとから自宅に弔問客がくる場合がある

葬儀を行わないと亡くなったことを知って、あとからバラバラと弔問に訪れるケースがあります。

その都度一人ひとり対応しなければならないため、返って負担がかかることも。

③無宗教だと戒名問題などがある

僧侶を呼ばないと、あとから戒名をつけてもらえないなどの問題が生じる可能性があります。

また、家族葬は葬儀社に葬儀の詳しい内容を伝えなければなりません。

しかし、葬儀が必要となってくる場合は突然やってきます。

もしもの時の為に生前から葬儀について明確に話し合っておくと、ご家族が望んだ形で葬儀を執り行うことができるでしょう。