千葉で葬儀を終えた後の事務処理はどうすればいい?

葬儀が終わったらそれですべてが終わりではなく、葬儀事務の引き継ぎや各所への支払い、お礼といった事務処理が待っています。

滞りなくスムーズに済ませられるよう、必要事項を確認しておきましょう。

◆葬儀事務の引き継ぎ

葬儀が終わったら世話役を頼んだ人たちから引き継ぎを行います。

例えば文章係から弔辞と弔電、会計係から領収書や請求書、受付係から会葬者名簿や香典・供物などを受け取らなければなりません。

これらはすべて残金や現金の照合を速やかに済ませることが大切です。

◆千葉の葬儀社への支払い

千葉の葬儀社からの請求書は、見積もりや明細と照らし合わせて内容を確認してから支払うようにしましょう。

特に見積もりになかったサービスなどはチェックを入れておき、不明な点は葬儀社に質問を求めます。

◆寺院や教会へのお礼

近年は葬儀当日に謝礼を渡すことが多くなってきていますが、本来は葬儀の翌日か翌々日にお礼のあいさつに出向くのが基本です。

謝礼は規定がある場合はその金額を包み、ない場合はいくらかかるのかを直接尋ねましょう。

お礼は喪主と遺族の2人で出向くのが望ましく、服装は喪服かそれに準じた地味なものを着るのがマナーです。

ご参考にこちらもご覧ください→葬儀や法事の際の「お車代」や「お膳料」 金額相場とその違い | マネーの達人

◆世話役へのお礼

葬儀でお世話になった人には、後日出向いてお礼を言うのが礼儀です。

しかし葬儀当日に御車代を渡す場合もあります。

一般の世話役にも丁寧にお礼を伝え、御礼として現金を包みましょう。

御礼はプリペイドカードなどでも構いません。

ここで注意すべき点は、目上の方が世話役の場合現金では困ってしまったり失礼となるケースがあることです。

その場合、現金ではなく菓子折りや商品券などの品物を用意しましょう。