千葉でキリスト教式の葬儀を執り行う際の流れ

葬儀は宗派によっても営み方や内容が異なります。

今回は千葉でキリスト教式の葬儀を執り行う際の、基本知識についてご紹介します。

◆千葉でカトリックの葬儀を営むなら

カトリックの葬儀は故人の永遠の安息を祈る儀式です。

キリスト教に対して豊富な知識を持っている葬儀社もありますが、教会に紹介してもらって葬儀社を決める場合もあります。

キリスト教の葬儀の流れは、まず入堂式から始まり葬儀のミサである言葉の典礼と感謝の典礼を行います。

その後告別式が行われます。

式では聖歌の合唱をする場面などがあるため、式次第や聖歌の歌詞、祈りの言葉などを記載したプリントを用意して会葬者に事前に渡しておきましょう。

◆千葉でプロテスタントの葬儀を営むなら

プロテスタントの葬儀の場合、葬儀で個人の冥福を祈ったり供養したりすることはありません。

葬儀はあくまで神への感謝と遺族の心を慰めるために執り行われます。

弔辞も故人に呼びかけることはせずに遺族を向いて行うところも、仏教との大きな違いです。

プロテスタントには多彩な宗派があり、教会によって様々な葬儀の様式があります。

宗派にあった葬儀にするために、教会や葬儀社とよく話し合っておくことが重要となっています。

葬儀の式次第は聖書による祈りが中心となります。

ほかにもオルガンの奏楽から讃美歌斉唱、祈祷、説教、弔辞や祝祷などが行われます。

祝祷後の告別式では弔辞奉読と献花、遺族代表のあいさつが行われるのが基本です。

キリスト教式の葬儀は宗派によって内容が異なるため、事前に式次第の打ち合わせを教会や葬儀会社としっかり行っておきましょう。