千葉で葬儀後に行われる火葬の流れとマナー

葬儀が終わったら、出棺されて火葬、骨揚げという流れに進みます。

火葬場に到着してから骨揚げまでは一連の流れやマナーがあるため、滞りなく進行できるよう事前に確認しておきましょう。

◆千葉の葬儀終了から骨揚げまでの流れ

①出棺

葬儀が終わると故人は棺に入れられ、霊柩車で火葬場まで運ばれます。

この出棺が故人との最後の対面となります。

②火葬場到着

火葬許可証がないと火葬ができないので必ず持参しましょう。

③納めの式

火葬場の祭壇の前で納めの式を行います。

僧侶の読経と焼香、合唱礼拝をして棺は炉に納められます。

④待機

火葬が終わるまでには少し時間を要するため、同行者は控え室で待機します。

その間は茶菓や軽食などが必要です。

事前に準備しておくか、火葬場で用意が可能かどうかをチェックして世話役に伝えましょう。

⑤骨揚げ

火葬の済んだお骨を骨壷に詰めることを骨揚げといいます。

骨揚げはペアになり、竹の箸をそれぞれ持って一つのお骨を一緒に挟んで壺に収めます。

骨は下半身から順に納めていくのが基本で、最後に喉仏を故人ともっとも縁が深い人が拾って納めると終了です。

⑥移動

骨壷を白木の箱に入れて錦袋をかけてもらいます。

このとき箱の中には埋葬許可証が入っているのでなくさないようにしましょう。

遺骨は喪主が、位牌と遺影は喪主に続く遺族が持って自宅や還骨法要を行う場所へ移動します。

火葬が終わると、一般的にはすべての式が終了したことになります。

火葬は一連の流れを覚えておくと安心です。