千葉で葬儀を執り行う際の装いの基本マナー

喪服は、元は喪に服する遺族だけが着るものでしたが、現在は死を悼み悲しむ気持ちを表す礼服として、千葉の葬儀に参列する人は喪服を着るのがスタンダードになっています。

急な葬儀の際にも慌てないよう、葬儀の装いのマナーや選び方を事前に覚えておきましょう。

◆千葉の葬儀の装いマナー・男性編

男性の喪服の正式礼装はモーニングコートですが、最近はブラックスーツの着用が基本となっています。

ネクタイは柄や刺繍のない黒の結び下げで、ネクタイピンなどの光り物の装飾をつけるのはマナー違反です。

ベストを着る場合は白えりを外しましょう。

靴は黒のプレーンなデザインのものに、靴下ももちろん黒の無地で統一します。

◆千葉の葬儀の装いマナー・女性編

女性の喪服の正式礼装は黒無地や綾織りなどの素材を使ったシンプルなワンピースが基本です。

アンサンブルやスーツでもいいでしょう。

デザインは襟元が詰まったもので、長袖、ひざ下の丈のスカートを選びます。

夏場は七分袖でも構いませんが、葬儀のときは必ず上着を着用しましょう。

靴は布製がベストですが、革の場合は金具などの飾りや光沢のないものならOKです。

ストッキングは黒の柄なしを、タイツはカジュアルに見えるので厳禁。

バッグを持つなら小型の手提げタイプかクラッチバッグを持つといいでしょう。

喪服や装飾品は、有事に備えて一式揃えておくことをおすすめします。

どうしても間に合わない場合はレンタルもできるため、サービスをうまく活用しましょう。